男性医師

看護のお仕事を探し出す心得を知ろう|パーフェクトな条件

歴史と今後の傾向

医者

歯科医師の歴史

歯科医師の歴史は、明治初期まで遡ることができます。1874年に医制というものが公布されました。この医制というものについては色々と議論されていて、法令と言うよりも訓令であったのではないかとも言われています。しかしともかくも、歯科医師の歴史としてこの「医制」については重要だと言えます。これにより、医業を行うには許可が必要になったのです。そして、医術開業試験に合格しなければならなかったので、全くの素人が勝手に歯科医師と名乗ることは、できなくなったのです。その意味では、大変な進歩であったと言うことができます。医師と歯科医師が法的に別個の扱いを受けるようになったのは、1883年のことです。

今後も求人を出す歯科が増える

最近は、虫歯になりやすいものを好んで食べるようになってきています。勿論毎日の歯磨きは、虫歯にならないための予防としては効果的ですが、それだけで虫歯にならない歯にすることは不可能です。ですから、どうしても歯科に行く必要が出てきます。そのためたくさんの歯科が存在します。それに伴い、歯科医師の求人を出す歯科も増えるようになったのです。歯科の数に歯科医師の数が追いついていないために、たくさんの求人を出す必要があるのです。最近では、好待遇で求人を出している歯科もたくさんあります。歯科医師になるには、とても大変なのです。大学の歯学部を卒業してから、国家試験に合格しさらに研修を1年受けて初めて免許を取得することができるのです。さらに、国家試験の難易度も年々難化傾向にあるのです。そのため歯科医師になるのも一苦労なので、歯科としては好待遇の条件で求人を出して有能な人材を集めようと、努力しているのです。今後も、歯科の数の上昇と共に歯科医師の数が不足することが予想され、求人を出す歯科も増えることが予想されます。